オナ電で女の子に喜ばれるコツ

オナ電は相手と離れていても気軽にエッチができる便利な方法ですが、だからこそ気をつけないと相手をがっかりさせてしまうような事も多いです。
そこで今回は女の子に喜ばれるオナ電のコツをご紹介します。

オナ電のコツその1~臨場感を出す事~

オナ電の一番の難点は相手に触れられないことです。
普通にセックスしているのと違って、今何をしているのか言葉で表さないと相手はわかりません。

慣れないうちは難しいと思いますが、まずは相手に触れる事を言葉で伝えてあげましょう。
「ボタンを上から1つずつ外していくね。」
「胸を優しく揉んであげるね。」
などというように、具体的にどうしているのかを言葉で表す事が大切です。

また慣れてきたら、自分の状態も相手に伝えてあげましょう。
興奮している事やペニスの状態なども伝えてあげると臨場感が出やすいです。

お互いがイメージを共有しやすい環境を作ってあげることが大切です。

オナ電のコツその2~後戯~

男性が一番意識して気をつけなければならないのが後戯です。
一般的に男性は射精時が快感の絶頂で、射精後はそれがすぐに収まっていきます。
それに対して女性は絶頂時以降も興奮は長く続いていきます。

ですので行為が終わったらすぐに話題を切り替えたりするのではなく、愛情を二人で共有する時間を設けるようにすると喜ばれやすいです。

オナ電のコツその3~変化をつける~

オナ電は通常のセックスとは違って擬似的なものになるので、刺激としては普段のオナニーと同じです。
相手にも同じことがいえるので、毎回同じような内容でしていたのではすぐに飽きがきてしまいます。
ですので、同じ相手と何度もオナ電をする場合は変化をつけてあげることがとても大切です。

もし会える距離にいるのであれば実際に会ってセックスをする事が一番簡単ですが、会えない場合は物理的な事と精神的な事の2つの方法で変化をつけてあげましょう。

物理的な事としては、例えばおもちゃを使うようにしたりオナ電をする場所を変えてみたりなどです。
精神的な事としては、いつもと攻め方を変えたり相手に攻めてもらったりすると良いです。
慣れてきたらイメージプレイなども変化がつきやすく効果的です。

オナ電は女の子に喜ばれやすい

以上、オナ電で女の子に喜ばれるコツについて紹介してみました。
オナ電は相手が見えない分言葉で表現してあげる必要があります。
慣れないうちは難しいと感じる時も多いかもしれませんが、慣れてくれば普段のセックスではできないようなプレイも相手と一緒にできるようになります。

オナ電をする時は上記を参考に、二人で楽しく気持ちいい時間を過ごしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする